子供の英語の効果 | 子供に英語を学ばせる為に知っておきたいこと
いっぱいのハテナ

子供の英語の効果

なぜ子供の頃から英語を覚えるのに効果があるのか。それは多くの言語研究結果によると子供が母国語を自然と吸収出来る時期というのは5歳ぐらいまでとされているからです。
その後はだんだんと言語吸収する能力が落ちていくいくとの事です。しかしこの研究自体は母国語の取得を例とした実験結果です。若い子供は大人よりも外国語の変わった発音も区別するし、これらのトリッキーな発音に対しても以外と簡単に真似が出来ます。
ある研究者によると、日本人の赤ちゃんは「r」と「l」の判断が直ぐに出来ると言っています。日本の大人はほとんど区別が出来ないそうです。
では実際、子供英語レッスンではどのくらいの効果が得られるのかとすると、まず英会話を受けた小学生や中学生というのは英語に対してものすごくポジティブなイメージが持つことが多い。
レッスンの回数と時間にもよりますが、発音がものすごくキレイになります。と様々な効果があります。まれに一週間に一回、一時間では英語は身につけれないという方もいますが決してそうではないです。
確かにネイティブ並にペラペラに話せるようになるまでとは、なかなか難しいですが、そういった場合でも焦らず子供英会話レッスンで身につけようとはさせず、学校の英語授業を受けるようになってから学べばよいのです。
子供英会話の効果というのは、あとになって大きくなってくる性質です。英語コンプレックスや苦手意識なくなる。中学に入って本格的な英語学習始まれば必ず活きてきます。